スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何卒ご協力のほど、お願い申し上げます m(_ _)m


去る5月23日(土)、関東某所にて。

ブログ「Siamese Dream」の管理人さんであり、当方の刎頚の友である“ぶっち”氏の愛竿が、車上荒らしの被害に遭いました。


被害品は、

CR723.jpg

G.Loomis GL3 CR723 USモデル

です。


ぶっちさん本人のロッドの特徴として、吊るしの状態ではなく、


グリップエンドをFujiのラバータイプに交換してあります。



グリップエンド

このタイプのバットキャップが付いてます。



それらしい品を見掛けられましたら、ぜひともご連絡下さいませ。



皆様、何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m





※訂正 TIFAモデルでなく、USモデルだそうです。

本文訂正済み

スポンサーサイト

どうなん?


(。・ω・)ノ゙ コンチャ


現在、バスマスタークラシック2日目終了の昼(日本での)時点でこの記事を書いてます。。。


ちょっと思った事があったので独り言でも。。。



昨日までの時点では、日本のメディアやSNS等で話題の中心は名古屋キープキャストばかり・・・



たまたま開催日が重なってたのもありますが、ほとんどの方は「クラシック?何それ」状態。。。


キープキャストが開催されてても、クラシックは開催されてる事すら知らなかったのがほとんどやん(´-`)



日本人選手が3人も出場しているのにね。。。




初日の日本人選手の成績は、モ○ゾー1本のみ、フ○シンは5本揃えるもリミット揃えた選手の中では最低重量と苦戦のスタート。

対してT.Oは初日7位の好位置スタート!!


トップのロハス、2位のスキートの20lb超えのウエイトが頭一つ抜けてる印象はあったものの、15lb・7位は非常にいいスタートを切ったと思えました。


T.Oがプラの時点から珍しくディープをやっていたり、最近積極的に導入しているスピニングタックルを使っていたりと、当方的にも気になっていたのですが・・・


しかしその時点でも、T.Oが初日上位の好スタートを切った事を上記の様な方々は誰一人として語らず。。。







それが2日目のウエイイン終了後・・・

極一部の方々がSNS等で「T.O暫定トップ」を話題にした途端、今までクラシック開催してる事すら知らなかったくせに・・・








いきなり、「T.O!! T.O!!」 騒ぎ出すヤツ多杉 ワロタwwwwwww





「同じ日本人として誇りに思う」だの、「応援してます」だの、オメーら何なの?(^ω^)


ホントに誇りに思うなら、ホントに応援してんなら、少なくともキープキャストの話題と同じ様に、もっと話題にしてんだろ今までにすでに・・・


クラシックの開催日すら知らなかったヤツらが、いきなり何言い出してんの?


こういう人間が大半の日本のバス業界がまともなワケないやん・・・



それが「T.Oが好位置」と知った途端にこの騒ぎ・・・



この業界、


ホンマ薄っぺらいわ~(#^ω^)ピキピキ







という偏見がありまふフフフフフフフフ・・・・












くらべ

横から見た胸の薄さじゃねーよ!( ゚д゚)、ペッ!


しろい~まっとの~じゃ~んぐ~る~に~♪


(。・ω・)ノ゙ コンチャ


釣りにおいても、『ワークマン』の“使える度”が無双スグル www






さて、無駄に足がデカい上に幅広な当方。。。


店に行っても大抵は在庫にサイズに無いので、最近はもっぱら頼み。。。


とは言え、尼の通販だと店舗の様に実際に試し履き出来るわけじゃないで、「買ったはいいけど足に合わねー!!」なんてのも・・・(*ノД`*)



普段用・仕事用問わず、靴を買うのも一苦労っす・・・(-ω-。)



昔からスニーカー派の当方ですが、昨今のスニーカーブームもあり、周りを見渡したら、「ナイキ、ナイキ、NB、アディダス、ナイキ、NB、プーマ、ナイキ、NB、アディダス、NB、NB、ナイキ、アディダス、プーマ、ナイキ、ナイキ、NB・・・」



元々選択肢が少ないサイズの上、あんまし他人とカブりたくない性格、しかも「モード系オサレスニーカー」じゃユニクロ服とのバランスも・・・( 。-ω-)ウーン




そんな当方の最近のお気に入りは、


ヨーロッパを中心に海外で爆発的人気!!

日本発のブランドでありながら、売上げの8割以上が海外市場という、世界が認めた“ニッポンのモノづくり”







マーク

そう、このデザインの!!






おにつか2


オニツカタイガー!! (・∀・) ( by asics)



「オニツカタイガー」とは、現「アシックス」が社名をasicsに改名する前の社名であり、ヨーロッパのレトロスニーカーブームを受けて2002年にアシックスのカジュアルブランドとして復刻されました(・∀・)


あえてスポーツ専門店ではなく、ファッションブティックやセレクトショップでスニーカーを展開。カラフルなスニーカーは、欧州のファッションピープルたちから絶賛され、人気に火が付いたのです。


海外の一流選手にも愛された60〜'80年代の名品を忠実にリメイクしたそのフォルムは欧米でレトロクラシックスニーカーの一大ムーブメントを巻き起こしました。


ラインナップは主に、競技用だったモデルを街履き用にアレンジしたもので、現在ではヨーロッパをはじめ、アメリカ、オーストラリア、アジアなど世界各国でも絶大な支持を集める存在に。


元々アシックスがスポーツブランドとしても海外で人気だった上に、オニツカタイガーブランドでも躍進もあり、ロンドンでのオニツカ・アシックスブランドのシェアはスニーカー市場の4割にも及ぶという・・・(゚ロ゚;)スゲェ!





そんな“オニツカタイガー”、

かつては


りー2




りー1

『死亡遊戯』でブルース・リーが着用し、





栗山千明の妖しい美しさに惚れた、

タランティーノによるオマージュ、


きるびる1



きるびる2

『キル・ビル』でユマ・サーマンも着用!!




ナイキのエアマックス・ジョーダンブーム以前を知るオサーンには、「アシックス」と言えば小中学時代に誰しも1度はお世話になったシューズ。

かつては、「子供の履物」、「オサーン臭い」というイメージでしたが、今ではすっかり “世界のオサレアイテム” (^ω^)



そして当方愛用の“オニツカタイガー”が、


オニツカ

カリフォルニア 78 ヴィンテージ



初めて足を通した時、履いただけで思わず射精エクスタシーを感じてしまったほどのその履き心地に・・・








オニツカ2

ソッコーで2足目ポチったったったー !! wwwwwww





他にも、カラーバリエーションの豊富さが魅力の、



せらーの

セラーノ



と、良すぎて1ヶ月に1足ペースで買っちまった・・・(´∀`;●)アハハ





で、何がそんなに良いのかと言うと・・・


まるで高級羽毛布団の様に、“ふわ~”と優しく包みこみながら極めて自然なフィット感、且つ履いているのを忘れるかの様な軽量感


そして何よりも、

他のシューズに較べて、「圧倒的に足が疲れない」!!



同じ時間、同じ動きをした時に、他のメーカーと較べて圧倒的に足が疲れにくい!!


1日中仕事で履いてみたり、1日中動き回ったりしてみればその差は歴然!!


もうオニツカ(アシックス)以外のシューズは全く履く気になれないほど。。。


これはアシックスが様々なスポーツシーンで、長年培ったスポーツ・人間工学の技術の賜物。


アシックスが持つ最新ノウハウを注ぎ込み、流行のレトロなスニーカーに仕上げた羊の皮を被った“虎”


それが、

おにつか
オニツカタイガー!! (・∀・) 





そんなオニツカタイガーをプロデュースする「アシックス」の技術力を絶賛しているのが、


イチロー

いちろー

イチローは高校時代より、「アシックス以外のシューズは履かない」と公言していたのは有名な話。。。


日米野球界の至宝が認めた「アシックス」、


世界的に見ても、


うりあげ

実はナイキ、アディダス、プーマに次ぐ『売り上げ 世界第4位』のスポーツメーカー!!


これは「アシックス」の代名詞とも言える『ランニングシューズ』が、世界中のランニングシーンで非常に高いシェア率を誇るのが大きく貢献しています(-`ω´-)


アシックスは米国で日本の9倍、欧州で同7倍もランニングシューズを売り上げています。

人口の差を勘案しても、欧米のほうが圧倒的に売り上げは多い(。-`ω´-)

一体どれほどのシェア率なのか・・・


ニューヨーク、東京、パリ、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンの主要な世界的マラソン大会で、アシックスのランニング・シューズは使用率はなんと50%前後!!、と圧倒的なシェアを誇っており、2位以下のメーカーを圧倒的に引き離しています(゚ω゚;)


例えば、2010年の東京マラソンのアシックス使用率53.7%、09年のニューヨーク・シティ・マラソンは56.6%、10年のパリ・マラソンは41.4%です。
09年の「シドニー・ランニング・フェスティバル」でも、出場選手1200人中の実に552人がアシックスを使用、シェアは46%!!

また国内市場においても、アシックスのシェア率50%に次ぐ2位ミズノのシェア率が15%と較べても、頭1つ以上突き抜けた圧倒的状況。。。


そう、「アシックス」とは、


あしっくす

日本が世界に誇る“ナショナルブランド”です(・∀・)



じゃあ、釣りの世界ではと言うと、


B.A.S.Sのトーナメントシーンにおいて、



あし1

はい、足元に注目~(○´∀`)ノ



あし5

はい、足元に注目~(○´∀`)ノ



あし3

はい、足元に注目~(○´∀`)ノ



あし4

はい、足元にちゅうも・・・、見えねぇwwwwww



えヴぁーす

“ダブルE”さんです(○´∀`)ノ



と、結構な割合で見掛けます(・∀・ )



自分でボートを操船した事がある方ならわかると思いますが、この「操船」って意外に重労働。。。


1日中、絶えず揺れる船上でバランスを取りながら、片足でエレキを踏む、走行時には踏ん張る、キャストやランディング等で動くetc・・・


そういった状況で、さっき述べたアシックスの『足が疲れない』という特性は本当に効果大!!


またこれは1日中動き回る陸っぱりでも同様!!


連続釣行や次の日に疲れを残したくない時のマストアイテム!!


「タックルがどう」とか「ルアーがどう」とかも面白いけど、こういう視点でトーナメントシーンを見てみるのも面白いと思いますよ。。。




そしてさすがは“一流スポーツブランド”、通常のスニーカー・ランニングシューズ以外にも、様々なスポーツシーンに対応すべく、


ぼうすい

アッパーにゴアテックスを使用した防水シューズ

や、


ぬかるんだ場所でもズンズン進んでいける

ぼうすぃ

防水・防滑トレッキングシューズ(ゴアテックス使用)




とれっきんぐ

同トレッキングブーツ(ゴアテックス使用)



また、


ごるふ

深さ4cmの水に浸して2時間(120分)経過しても、内部に水が浸入しない仕様の防水シューズ





ぼうかん

防水・防寒・防滑・フレキシブルな全天候対応のタウン用ウインターブーツ




雪が積もってても無問題な

すのー

優れたグリップ性と快適性を誇るスノーシューズ


等々、


「釣りに使って何が悪い!?」 的アイテム目白押し!! イヤッホーン♪(*゚∀゚)=3




そして「アシックス」の技術は、スポーツのみならずジョブシーンにおいても、


びじねす

ビジネスシューズ





あんぜん

ワーキングシューズ(安全靴)


にまで、正に“死角無し!!” d(゚∀゚d)イカス!



あらゆるニーズ・好みに応えるその“隙の無さ”、例えるなら『スポーツ界の・・・』











そふと

ソフト・オ○・デ○ンド!! (´∀`*)イエーイ




皆様も次の1足に加えてみれば?( *'ω'*)












ABC.jpg

ABCマ○トじゃ、オニツカタイガー置いてないんすよね・・・( ̄ω ̄;)


2015。。。


明けましておめでとうございます!!( ノ^ω^)ノ




いや、やる気はあります・・・



色々と余裕が無いだけです。。。(T△T)シクシク



毎度ながらの放置プレーでホントすいません・・・(;´・ω・`)



ジャック・バウアー並みに時間に追われる日々の連続で、まともに更新すら出来ずに






本当に・・・








そして、そんな日々のストレスから生まれるのが、当方にとっての








壁ド・・・

壁ドン!! ですwww




愚痴ばっかでサーセン(汗





とまぁ、今年もマイペースでボチボチやっていきますんで、何卒宜しくお願いします(つω`*)テヘ













今年も

皆様にとっても良い年になりますように♪(・∀・)


黒髪と金髪。。。


(。・ω・)ノ゙ コンチャ


いや~もう、ほんと放置状態ですいません。。。 (p´Д)゚o。


時間的余裕も、金銭的余裕も、精神的余裕もじぇ~んじぇん無い日々続きで・・・







許せ♪(^ω^)ニコッ




さて、心の広い皆様に許して頂いたところで・・・






タイトルの“黒髪”“金髪”。。。



そう、“なちゅらる”と“あぴ~る”♪のお話(・∀・)



オサーンには懐かしいこの響き、80年代に一世を風靡した「個々のルアーに対する考え方・捉え方」で、提唱したのはご存知、



はじめちゃん

『王様』こと村田基 氏



因みに、当時のはじめちゃんは・・・






若い頃

髪の毛フサフサwwwww



ベストセラー『まちがいだらけのバッシング』やTACKLE BOX誌などで村田氏が広めたこの理論は、当時一大センセーションを巻き起こしました!



「ナチュラル&アピール理論」とは、簡単に言うと個々のルアーをそれぞれ動きやカラー、大きさ等で「ナチュラル」か「アピール」かに分類(よりエサっぽいルアーほどナチュラル度が高い)。

そしてその場の状況で、「今、バスに効くのはどちらか?」との考えを元にルアーを選択していくという物。


「まちがいだらけのバッシング」内では、ナチュラルをラーメン、アピールをデザートにという例えもあり、腹ペコのバスにはラーメン(ナチュラル)、腹いっぱいのバスにはデザート(アピール)といった説明もありました(・∀・)



いわばナチュラルとは、艶やかな黒髪美人。

女性で例えるとそう・・・




さとみ

石原さとみ




がっきー

新垣結衣





はるか

綾瀬はるか





かすみ

有村架純




といった、真横にいたら即プロポーズしたくなる様な女子。。。




対してアピール系金髪女子とは、






ろーら

ローラ





きゃりー

きゃりーぱみゅぱみゅ





あひる口

板野友美





さちこ

小林幸子




といった、(最後の方を除いて)「まぁ、セフレ友達として付き合うなら・・・」



といった感じかと。。。( ^ω^)





この「ナチュラル&アピール理論」では、より多くの状況に対応すべく、

「ナチュラル×ナチュラル」

「ナチュラル×アピール」

「アピール×ナチュラル」

「アピール×アピール」

といった様に個々のルアーをさらに細分化しております。


今のバスに効くのはどの度合いか?と絞りこんでいくのは、田辺さんがよく言う「ルアーの強さ」に似ている感じもしますねぇ~(・ω・)




そして「ナチュラル&アピール」で最も対比に使われ、かつ村田氏が絶大な信頼を置いていたルアーが


ナチュラルの代表

しゃっどらっぷ

ラパラ シャッドラップ




対してアピールの代表

ばっしん

バグリー バッシンシャッド







そしてこれらを投げまくる村田氏の“片腕”、




ふぁいてぃんぐ♪_

バンタム ファイティングロッド~!!



フェンウィックを始めアメリカでも多くのフォロワーを生み出した、斬新かつ優れた『直感グリップ構造』


ブランクス内部とリールシートが一体化した独自のデザインが生む高感度、グリップエンドに向かって急激に太くなるバットが生むパワーは正に戦うロッド!!






ファイティングロッド片手にナチュラル&アピールでルアーを巧みに使い分け、当時の霞ヶ浦でバスを釣りまくる村田氏、その姿は正に“王様”





そんな王様が釣りまくっていた“バッシンシャッド”。。。

何故か当方には相性が悪く、ろくに釣った記憶がありません・・・(´・ω・`)

まぁ、腕なんすけど・・・orz




それに反して、釣れ釣れだったのが“シャッドラップ”!!



平気で1日中投げてても飽きないほど信頼していた“まいふぇいばりっと~♪”



世間的には『SR-7』が標準とされていますが、当方は投げやすさと潜行深度からメインにしているのが




SR8_.jpg

『SR-8』




もう正に“餌”ってくらい釣れるルアー(Ο´∇`Ο)



思えばルアー釣りを始めた当時の憧れもやっぱり『ラパラ』


小遣いもロクにないガキンチョの頃、近所の釣り具屋のショーケースに並べられたその『憧れ』

しょーけーす


少ない小遣いを貯め、やっとの思いで買った初めてのラパラは「金黒のSR-8」。。。



大先生が井筒マリーナで釣りまくっていたシャッドラップ。。。

菊元さんが係留ヨットの底を“逆ボトムノック”していたシャッドラップ。。。

小笠原さんがハンドランディングしていたデカバスの口に掛かっていたシャッドラップ。。。



コーモランですら好きに買えなかったガキンチョには、憧れのシャッドラップが本当に『宝物』

最初はタックルボックスに入れては出し・入れては出し、眺めて撫でての繰り返し。。。

根掛かりが怖くてなかなか投げられず、近所のお兄ちゃんに笑われたあの頃。。。

そして思い切って投げた『宝物』に喰いついた初めての“40UP”


50UPですら間近で見た事のなかったガキンチョには、本当に大きく感じられたあのバスと、そのバスを釣らせてくれた『宝物』


傷だらけになりながらも、何度も根掛かりから生還しながらも、それでもここぞ!という時には必ず期待に応えてくれた『宝物』




時が経ち、タックルボックス内にはキラキラの国産ルアーが幅を利かせ、シャープでキンキンの竿が最先端と言われる頃になると、かつての『宝物』はその存在すらも忘れられ、気が付けばいつの間にやら、どこにいったのかすらもわからない間に無くなっていた。。。




けしてシャッドラップが“釣れないルアー”になったワケでじゃない。。。

もちろん今のルアーの様に、重心移動なんてあるワケでもない、カラーだってやぼったい。。。

それでも、「ラパラ」は今でもけして色褪せたワケじゃなく、むしろ多くのメーカーが理解していないモノを持っている。。。



“ルアーとしての本質”はここにある!!




流行のモノや有名メーカーのモノ、誰々のプロデュース・・・


そんなルアー“ばかり”目の色変えて求めていても、決して見えない『本質』。。。






80+s_.jpg

さぁ、レッツ バッシング~♪














最強www

“ナチュラルさ” も “アピール度” も最強!! (。-∀-)ニヒ♪

アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。