スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくぅ~が僕であるために~♪


6月上旬のある早朝、仕事中の出来事。。。



仕事柄、毎日何十軒もの場所へ訪れる。



そしてドコへ行っても、物は違えど内容は毎度同じ作業を繰り返す。



そんな毎日訪れる中の1つ、その「ある場所」では、張り出したテントの軒下に燕が巣を作り、雛を懸命に育てている。



いつも早朝という事もあり、まだ親も雛と一緒に巣の中で眠っているので、そこでは他の場所よりも更に気を使って出来るだけ静かに作業をする様にしていた。





その日は早朝から真夏の様に蒸し暑い日だった。


いつもと同じ様に静かに車を停め、ドアを開けて出ようとした瞬間、普段とは違う雰囲気を感じた。




いつもはまだ眠っている親燕の鳴き声が聞こえる・・・



それもただ鳴いているだけではなく、狂ったかのような叫びとも聞こえる声・・・



そして、そんな親に釣られるかの様に何匹かの雛も一斉に鳴き続けている・・・




「何だ!?」





巣に近寄り、上を見上げる当方。




目に飛び込んできたのは、パニック状態で巣の周りを鳴きながら飛び回る親燕・・・



そしてテント内部の鉄パイプ部分、巣から1mほどの場所には体長1m2、30はあろうかという“青大将”。。。







青。。。






ゆっくりと、そして確実に、巣の雛へと近寄る青大将。。。







とっさに当方は仕事柄、常に手にしている『荷鉤』で青大将を叩き落とそうとする。


荷鉤





そして荷鉤を振りかざした瞬間、当方の頭に浮かんだ「1つの疑問」。。。










“この行為”は正しいのか?











青大将が「悪者」だと誰が決めた?



蛇が鳥の雛や卵を餌にするのは、自然界じゃ当たり前の行動だろ?







蛇やカラス等の外敵に狙われないように、奥に隠れた壁に囲まれた場所に上手く巣を作る燕も沢山いる。


それをこの親燕は、たまたま蛇が登って来てしまう様な場所に巣を作ってしまっただけ・・・





その結果、雛が青大将に狙われる事になった。




だからといって、「燕が可哀想だ」と人間の勝手な感情で蛇を退治するコトは間違っているんじゃないのか?







ここで青大将を叩き殺したら、根拠もなく一方的に「バスは在来種を食い尽くす害魚だ」と決め付けている駆除推進派と同じじゃないのか?



意味の無い護岸工事による環境悪化や水質汚染には目を瞑り、自らの勝手な理屈でバスをスケープゴートに仕立て上げている、自分が最も忌み嫌うヤツらと同じ“人種”になってしまうんじゃないのか?





青大将は自己の勝手な理屈を押し付けるわけでもなく、ましてや法を犯しているわけでもなく、精一杯生きているだけ・・・






「これが自然界なんだな・・・」






そう判断した当方は、親燕と雛の悲鳴の様な鳴き声を背に自分のやるべき事を済ますと、またそっとその場を離れる事にした。。。







次の日そこにあったモノは、親も雛もいなくなった、壊れかけた燕の巣だけだった・・・








今でもあの時の自分は“正しかった”のか、誰かが答えてくれるわけでもなく、自問の時間だけが過ぎている・・・







“正しい”or“間違っている”なんて、そこにいる人間の『都合』でどうとでも判断出来る。






つまり・・











だからこそ“本当に正しい判断”をする為に、客観的な考え方と広い視野を持たないといけないんだろう。。。










子供達が笑って平和に暮らせる未来。。。


いつまでも釣りが楽しめる未来。。。








その時代の大人の都合で、その未来を失っては絶対にいけないないんだ!!

スポンサーサイト
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。