スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒髪と金髪。。。


(。・ω・)ノ゙ コンチャ


いや~もう、ほんと放置状態ですいません。。。 (p´Д)゚o。


時間的余裕も、金銭的余裕も、精神的余裕もじぇ~んじぇん無い日々続きで・・・







許せ♪(^ω^)ニコッ




さて、心の広い皆様に許して頂いたところで・・・






タイトルの“黒髪”“金髪”。。。



そう、“なちゅらる”と“あぴ~る”♪のお話(・∀・)



オサーンには懐かしいこの響き、80年代に一世を風靡した「個々のルアーに対する考え方・捉え方」で、提唱したのはご存知、



はじめちゃん

『王様』こと村田基 氏



因みに、当時のはじめちゃんは・・・






若い頃

髪の毛フサフサwwwww



ベストセラー『まちがいだらけのバッシング』やTACKLE BOX誌などで村田氏が広めたこの理論は、当時一大センセーションを巻き起こしました!



「ナチュラル&アピール理論」とは、簡単に言うと個々のルアーをそれぞれ動きやカラー、大きさ等で「ナチュラル」か「アピール」かに分類(よりエサっぽいルアーほどナチュラル度が高い)。

そしてその場の状況で、「今、バスに効くのはどちらか?」との考えを元にルアーを選択していくという物。


「まちがいだらけのバッシング」内では、ナチュラルをラーメン、アピールをデザートにという例えもあり、腹ペコのバスにはラーメン(ナチュラル)、腹いっぱいのバスにはデザート(アピール)といった説明もありました(・∀・)



いわばナチュラルとは、艶やかな黒髪美人。

女性で例えるとそう・・・




さとみ

石原さとみ




がっきー

新垣結衣





はるか

綾瀬はるか





かすみ

有村架純




といった、真横にいたら即プロポーズしたくなる様な女子。。。




対してアピール系金髪女子とは、






ろーら

ローラ





きゃりー

きゃりーぱみゅぱみゅ





あひる口

板野友美





さちこ

小林幸子




といった、(最後の方を除いて)「まぁ、セフレ友達として付き合うなら・・・」



といった感じかと。。。( ^ω^)





この「ナチュラル&アピール理論」では、より多くの状況に対応すべく、

「ナチュラル×ナチュラル」

「ナチュラル×アピール」

「アピール×ナチュラル」

「アピール×アピール」

といった様に個々のルアーをさらに細分化しております。


今のバスに効くのはどの度合いか?と絞りこんでいくのは、田辺さんがよく言う「ルアーの強さ」に似ている感じもしますねぇ~(・ω・)




そして「ナチュラル&アピール」で最も対比に使われ、かつ村田氏が絶大な信頼を置いていたルアーが


ナチュラルの代表

しゃっどらっぷ

ラパラ シャッドラップ




対してアピールの代表

ばっしん

バグリー バッシンシャッド







そしてこれらを投げまくる村田氏の“片腕”、




ふぁいてぃんぐ♪_

バンタム ファイティングロッド~!!



フェンウィックを始めアメリカでも多くのフォロワーを生み出した、斬新かつ優れた『直感グリップ構造』


ブランクス内部とリールシートが一体化した独自のデザインが生む高感度、グリップエンドに向かって急激に太くなるバットが生むパワーは正に戦うロッド!!






ファイティングロッド片手にナチュラル&アピールでルアーを巧みに使い分け、当時の霞ヶ浦でバスを釣りまくる村田氏、その姿は正に“王様”





そんな王様が釣りまくっていた“バッシンシャッド”。。。

何故か当方には相性が悪く、ろくに釣った記憶がありません・・・(´・ω・`)

まぁ、腕なんすけど・・・orz




それに反して、釣れ釣れだったのが“シャッドラップ”!!



平気で1日中投げてても飽きないほど信頼していた“まいふぇいばりっと~♪”



世間的には『SR-7』が標準とされていますが、当方は投げやすさと潜行深度からメインにしているのが




SR8_.jpg

『SR-8』




もう正に“餌”ってくらい釣れるルアー(Ο´∇`Ο)



思えばルアー釣りを始めた当時の憧れもやっぱり『ラパラ』


小遣いもロクにないガキンチョの頃、近所の釣り具屋のショーケースに並べられたその『憧れ』

しょーけーす


少ない小遣いを貯め、やっとの思いで買った初めてのラパラは「金黒のSR-8」。。。



大先生が井筒マリーナで釣りまくっていたシャッドラップ。。。

菊元さんが係留ヨットの底を“逆ボトムノック”していたシャッドラップ。。。

小笠原さんがハンドランディングしていたデカバスの口に掛かっていたシャッドラップ。。。



コーモランですら好きに買えなかったガキンチョには、憧れのシャッドラップが本当に『宝物』

最初はタックルボックスに入れては出し・入れては出し、眺めて撫でての繰り返し。。。

根掛かりが怖くてなかなか投げられず、近所のお兄ちゃんに笑われたあの頃。。。

そして思い切って投げた『宝物』に喰いついた初めての“40UP”


50UPですら間近で見た事のなかったガキンチョには、本当に大きく感じられたあのバスと、そのバスを釣らせてくれた『宝物』


傷だらけになりながらも、何度も根掛かりから生還しながらも、それでもここぞ!という時には必ず期待に応えてくれた『宝物』




時が経ち、タックルボックス内にはキラキラの国産ルアーが幅を利かせ、シャープでキンキンの竿が最先端と言われる頃になると、かつての『宝物』はその存在すらも忘れられ、気が付けばいつの間にやら、どこにいったのかすらもわからない間に無くなっていた。。。




けしてシャッドラップが“釣れないルアー”になったワケでじゃない。。。

もちろん今のルアーの様に、重心移動なんてあるワケでもない、カラーだってやぼったい。。。

それでも、「ラパラ」は今でもけして色褪せたワケじゃなく、むしろ多くのメーカーが理解していないモノを持っている。。。



“ルアーとしての本質”はここにある!!




流行のモノや有名メーカーのモノ、誰々のプロデュース・・・


そんなルアー“ばかり”目の色変えて求めていても、決して見えない『本質』。。。






80+s_.jpg

さぁ、レッツ バッシング~♪














最強www

“ナチュラルさ” も “アピール度” も最強!! (。-∀-)ニヒ♪

スポンサーサイト
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。