スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめくこ・こ・ろ~♪ もしも失くしたら~♪


見えないのさ~♪







ソラには・・・

空には何も~♪ w



(。・ω・)ノ゙ コンチャ




ロクマルをアスファルト直置きとか・・・



いくらローカル的なメーカーとは言え、釣り業界に関わる人間として恥ずかしくないのか?



マジ腐ってるわ、日本のバス業界。。。




さて、愚痴はこの位にして・・・



先日、とある方から「捜索願いの出ているブツ」を探しに、いつもの“黄色いお店”へ。。。



いつも所謂「売れ筋」には全く興味を見せない、すっかり「変わり者の客」として認識されてる当方w



お目当ての品は無かったので、そのまま店内をパトロール。。。



メインフィールドの“捨て値コーナー”や“特価品コーナー”にも目ぼしい品は無く、「今日は不漁だな」と思いながらリールコーナーへ。。。



鍵の掛かったショーケース内のリールはチラ見・・・


隣りの安値&ジャンクリールのオープンケース内で魚探掛け(笑)



たまたま置いてあったUSダイワのスピニングを触りながら、「最近のリールは安くても十分使えるのになぁ・・・」と1人でニヤニヤw



「なになに、ナスキー? (クルクル・・・) 十分シルキーじゃねーか!」


「レブロスMX? (チキチキ・・・) ドラグも十分細かいじゃねーか!」


「中古の3千円程度でこの性能だと!? みんなコレ以上何を求めてんだ!? ンマソもするリールが必要な意味がわからん。。。」



そんなこんなで、「そういや最近、スピニングリール買ってねーなぁ。。。」と、急に湧く物欲(笑)




先述したように、「ドラグなんて効けばいい」って位で性能には大して拘らない当方がスピニングに求めるモノなんて、


「丈夫」・「使い易い」・「メンテがやり易い」程度・・・


まぁ後は、とにかく安くてそんなに重くなくて巻き心地がソコソコ良ければ完璧!!



そして何よりも、「人とカブらないモノ」←(ココ重要)




ってコトで・・・















マイコン

マイコン買ったったwww




やべーよ、こんなのにスーパーパルサーとか組んでたら、めっさ“いぶし銀”や~んwww (*≧ω≦)



こんなの使ってたら、バスが釣れる前にオサーン連中が入れ喰いじゃねーかwww ゞ(´ε`●)



黄色いストレーン探さないとwww



目玉ペイント付きジグヘッドでのスイミングワームとか、懐かし過ぎて鼻血モンじゃねーかwww






そして何より、レジで店員の「またワケのわからん安モン買ってるよ・・・」的な視線がワロタw







マイコン101


「大森製作所」製  1983年発売 ダイヤモンド・マイコンNo,101 




今は無き「大森製作所」の名機“初代マイコン”の基本性能はそのままに、ボディにカーボングラファイトを使用し軽量化を図った「二代目マイコン」



しかも恐らくほぼ未使用状態のグッドコンディション・・・





お宝発掘じゃねーか(-∀-`; )






今でもマニアの多い「大森ダイヤモンドリール」


現在では世界中のメーカーが採用している「ハイポイドフェースギア」を世界で初めて開発、最近まで大手メーカーでも上位機種にしか採用されてなかった「捩じ込み式ハンドル」を何十年も前から採用するなど、ユーザーの事を真剣に考えたモノ作りと先進的技術を併せ持っていたメーカー。。。



この「二代目マイコン」にも、その大森の“リールに対する情熱”が詰め込まれております( ^ω^)いいお







スプール

ダイヤル回す事でスプールの高さを調節でき、ラインの巻き上げ(順・逆)テーパーを変えられる「クリーンキャストコントロール機能」







いいぉ♪

携行時に便利な「折りたたみ式ベール」とガタつきの無い「捩じ込み式ハンドル」










ぼでぃらいん

出るトコ出て、引っ込むトコ引っ込むというメリハリのあるボディラインの様な・・・









ローター

ローター部





ベアリングを多用する事なく、各部品のバランスを最善にする事でスムーズでブレの無い巻上げを実現しているその技術力は、当時の時代を考えると驚異的!!

そのシルキーでスムーズな巻上げは「えっ、これでベアリングたったの1個や2個しか使ってねーの!?」と驚くほど・・・



それをあっさりと実現するほどのボディとパーツのバランスの取れ具合は正に、










りさ

吉木りさ級!!







そしてマイコンと言えば・・・








ヒップライン

その美しいヒップラインに魅せられる・・・










リアドラグ

リアドラグ


因みにドラグには現在多くのハイエンド機種も採用している「防水型グリス式フェルトドラグ」をすでに使用する等、ここでも大森の時代を先見する確かな技術と発想力が感じられます(。・ω・。)




そして誇り高きリール職人の“匠の技”による、




じゃぱ~ん

めいど・いん・じゃぱ~ん♪






古き良き日本の「職人魂」がこれでもかと詰め込まれたその存在は、今や貴重な・・・










大和撫子♪

『大和撫子』 (*ノ´∀`)ノ アッパレ♪






しかし、ほぼ未使用状態とはいえ流石に30年前のリール、ハンドルを回すと固着したグリスのせいで巻きが重い。。。




ってコトで、早速OH♪(・∀・)




リアドラグ部からボディ内部と順番にバラしていくと・・・






少ない

メイン機関内部はたったこんだけ(笑)


メンテ、超ラクショースグル!www



因みに、下に並んでいるのはリアドラグ内部のワッシャー類です。


これだけシンプルなボディ構成に対し、ドラグに多くの部品が使われてるコトで、大森の拘りが見えますな(-∀-。)ウン♪.




シンプル

シンプルかつ合理的に考え抜かれた機関部 (o・∀・)b゙イィ!






ハイポイド

大森が誇る大発明、『ハイポイドフェースギア』




ギア周りの稼動部は全バラした後、固着したグリスをキレイに取り除き、新たにリール用グリスを奢る。




そして拘りのリアドラグのフェルト(アスベスト)ワッシャーには、ステラにも使われているシマノ純正、







ドラググリス

ドラググリス DG01 を使用♪




たったコレだけのメンテで、軽く力強くブレの無い巻上げ、スムーズなドラグが復活!!キタ(゚∀゚)コレ




突き詰められたシンプルかつ合理的な構造。。。


無駄に部品を増やす事無く、究極までバランスの取られた各パーツの融合。。。



それを可能にした“匠の技”と“情熱”。。。



30年以上も前からこのレベルでリールを作っていたとか、驚愕過ぎ・・・(゚Д゚;)







ダイヤモンドリール、マジいいわ。。。(胸熱


最早、会社が存在してないのが残念過ぎる・・・orz


今の日本のバス業界じゃ感じる事の少なくなった本気の“クラフトマンシップ”



華やかさに惑わされ、次から次へと目先の新しい物を追いかけてたバブル時代がもし無かったら、もしかしたら今でも多くの釣り人に支持されていたかも知れない『本当の道具としてのリール』を作れるメーカーがここにあった・・・


今も「大森ダイヤモンドリールマニア」が多いのは知ってたけど、そこには所謂「オールドタックルファン」とは明らかに違う理由が存在している。。。



単なる「味わい」や「雰囲気」だけではない、『真剣なモノ造り』。。。



昔にフッた女の子が、大人になってめさ美人になってた時の気分だわ・・・(。´Д⊂) ウワァァァン!!





かつてヤマハの技術者が、「最後の2ストロークを」とその威信を賭けて開発した『RZ250/350』に通じるモノを感じた。。。←(当方だけだろうけどw)







ってコトで・・・



ダイヤモンドリール、















ナハハ・・・

ハマったったwww




いや、だって安いから・・・ ( ̄∇ ̄;)ナハハ














こ、これは・・・

えっ、コレって麻里子さま、Tバック!?(゚A゚;)ゴクリ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マイコン、うちのバンドのGが持っていますよ。
しかも今どき流行らないオートキャストw
それを持って一緒に全盛期の印旛沼に行ったのはイイ思い出です。

強いて弱点をあげるとすれば、カーディナル33とかに比べると、ハンドルが緩みやすいですね。
Gが使っていたモデルだけかもしれませんが…

大森製作所

マイコン

私も持っております。

当時、小学生だったのですが、釣具大百科的な物に載ってて、すごく憧れたものです。親父が持っているのは知っていたのですが、引っ越しを期に譲り受けました。
大切にするつもりがまだメンテしておりません。近いうちに私も使ってやりますよ。

でも見直すと、程度は良くはないけど何とかなるはず

お疲れ様です!

前大作記事、コメント出来ずスミマセンでした。
現在のネット環境、携帯電話オンリーでして未だに途中までしか閲覧出来てません。



大森製作所?
???
今回もマニアックだなぁ~と思ってたら、だむさんも普通に持ってますとか…又しても自分の無知さを痛感です。
っていうか未だに『話題の新商品』に食いついてしまいます。


マイコン…昔はmicrocomputerではなくmy-computerの略だと思い込んでましたわ~。



愚痴ネタ…愚痴かもしれないですが私も共感します。
●氏のブログとか小さいのからデカいのまでどんだけキープするんでしょうか?
一応理由は書いてられますが、それならばライブウェルの中の一番デカい魚一匹だけを誇らしく掲げた画像で良い…というかその方が絶対にカッコイいと思うんですよね。
と愚痴便乗失礼致しましたm(_ _)m

っていうか一気に5台はハマり過ぎでしょう(笑)

だもんで♪

 黄色い糸の依頼に繋がるんすね☆

あの時代、私のスピニングはマミヤだったと記憶してます。折りたためるハンドルって懐かしい( ̄○ ̄)

No title

オオモリ=タカヒロ
オオモリ=ダイヤモンド

ですなー(・∀・)ニヤニヤ
急になんでグリスの話?と思ったら原因はコレでしたか…。
軽いしタフだし質実剛健の権化ですな^^

しかし…買いすぎwww

これは間違いなくいい買い物でしょう。こういうクラフトマンシップの宿るモノ作りをするメーカーは本当に少なくなっちゃいましたね

流行りましたねw

>yotarizm-lj さん

オートキャスト・・・(笑)

あの当時、アメもんリールも装備してましたけど、アレって向こうから来た流行でしたっけ!?

ハンドルは確かにネジ硬くはないですね(´ー`A;)

折りたたみ&ねじ込みが売りの1つなんで、わざとかも知れませんね~( 。-ω-)

普通に・・・

>だむさん

メンテしたら復活すると思いますよ♪

当方も画像の中んも1つ、実はジャンク品で買ったんすけど、メンテしたら普通に使えるヤツだったし(笑)


初代SS、名機ですよね゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

もしかして・・・

>NMRさん

前記事、ばんぱくさんもおっしゃってましたけど、ガラケーじゃやっぱし全部表示されないんすね・・・(汗)

ダイヤモンドリール自体、バス釣りブーム時にはすでに上州屋に買収されました後だったと思いますから、ご存知なくてもシカタナス・・・


愚痴、うなぎポークの人っすよね・・・¢(-∀-○)


かえってカッコ悪いですね、あれは。。。

そーです(笑)

>smart乗りさん

だもんで黄色い糸が欲しいんですw

音響にした時の「カリカリ音」も、懐かしさと共にいい味出してますよ♪(v´∀`)

やっぱし?(笑)

>225さん

オオモリ=タカヒロ
オオモリ=ダイヤモンド
オオゴエ=ダイヤモンド by AKB48

です♪(・∀・)

例のグリス仕入れましたよー!
粘度もいい感じっす♪(-∀-。)


部品取りにでもなればと買ったジャンクのセット、復活したら全5台になりましたw (←今現在ですがwww)

今に時代にこそ・・・

>ばんぱくさん

こういう職人気質のメーカーこそ必要だと思いますけどね・・・(-ω-`;。)

もちろん単なる「売り文句」としてじゃなく、本当にそれを持ったメーカーが。。。


今はドコもみんな『口先だけ』が多過ぎます(((-’д-)y-~
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。