スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぁ~つがす~ぎ~風あざみ~♪


(。・ω・)ノ゙ コンチャ



どーしても・・・






空き缶。。。

空缶が捨てられない・・・







さて、最近は仕事の空き時間にリサイクルショップで『大森リール』を探すのが楽しみの当方ですが。。。



あちこちのリサイクルショップに行ってはみるものの、「コレ!」といった収穫はなかなか無いもので・・・(´-ω-`)



たまぁ~にダイヤモンド以外でも「うわっ、懐かし~♪」となる品はあったりするのですが、大抵は微妙な値段が付けてあって「買うまではねぇ・・・」という状態・・・




ある店なんか、無造作に傘立てに各種の釣り竿が突っ込んで売られてたり・・・ ( ゚д゚)ポカーン

そういうトコは大抵ゴミみたいな値段つけてあって、それはそれで面白いんすけどね(笑)



んでもって、ついでに「アメロ無いかな!?」と、いちおーは探してみるw






そんなリサイクルショップ巡り、「黄色いお店」とはまた違った楽しみがある中で・・・














AWB.jpg

アモルファスウィスカー買ったったwww





いや、安かったんでつい・・・(-∀-`; )ナハハ








AWB①

ファントム アモルファス・ウィスカー AWB601MFB






当方がまともなルアーロッドなんか持っていないガキだった頃、TECH21カラーのチャンプRSで膝に付けた空缶をハングオンで擦って走っていた近所の兄ちゃんが使っていた「当時の憧れの竿」。。。



その後に番手違いは入手するものの、時代はコンバットスティックを始め「トーナメントロッド全盛期」・・・


ガングリップなんか“時代遅れの遺物”扱いで、結局大して使わずに手放した「苦い思い出の竿」。。。






少年時代を思い出し、ついつい買っちまった・・・(;^ω^A




80年台後期、ボロンを始めとする“金属繊維を使用したロッド”というブームがあった中で、ダイワが推していたのが「アモルファス繊維」


バス以外のダイワ製品にも使用されたほどの素材だったのですが、金属繊維による高感度とハイパワーを謳っていた大ヒットシリーズ!



実際、当時の国産ロッドの中ではトルクフルなフィーリングだったはず。。。(←あくまでも“フィーリングは・笑)




某・讃岐の菊丸さんもまだ使ってんのかな?www





で、アモルファスウィスカーと言えば、一緒に思い出すのは、TV「THE フィッシング」で故・西山徹氏が使っていた・・・







トーナメント

ファントム トーナメントSS シリーズ




金色に輝くそのボディも、少年時代の憧れの品。。。




でもそこまで買ってたら「何日昼飯抜きの生活になるかわからん・・・orz」ってコトで、とりあえず手持ちで色使いの似た・・・









AWB ②

TDトーナメントを乗っけてみる(笑)





いや、コレはコレでアリなんじゃね?( ̄ω ̄〃)



少なくとも、雰囲気はあるよね。。。(-∀-。)ウン♪







でもなぁ・・・



竿は「ファントム」なんだし、リールもやっぱし・・・















うはは・・・

ファントム・ゼロ買ったったwww





オクで見つけて“910円”で落札(爆)













ゼロ②

キタコレ感、パネェ!!www





やっぱし「ファントム」には「ファントム」だろwww



そのベストマッチさは正に、











そう・・・

『吉木りさ+スク水』級www








ゼロ

ファントム・ゼロ GS-10AC








ゼロ①

当時のダイワのイチ推し機構でトーナメントSSにも採用されていた、キャスト時に左右に「パカッ」と開く『ゼロレベルワインド』搭載。。。






ヤバい・・・




部屋の中が、





モーレツな“昭和の香り”で立ちくらみ寸前www





こんなので「トーナメントワームのドゥードゥリング with 黄色いストレーン」なんかやった日にゃ、オサーン連中がすっ飛んでくるじゃねーか!!www






このファントム・ゼロ、トーナメントSS等の下位モデルなのですが、名前だけじゃなくて中身も何とボールベアリングが「ゼロ」(笑)


時代を考えると不思議ではないのですが、今では最低でも通常ベアリングが入っているスプール両軸がブッシュ仕様。。。






とりあえず・・・

とりあえずソコだけは当方も一応ベアリング化してみました(。-∀-)ニヒ♪(数百円で出来るしね・笑)



これでスペックだけはトーナメントSSと一緒♪

厳密にはマグサーボのシステムは全然違うけど(笑)



懐かしさに浸るだけならそれで十分だし、ダメならTDトーナメント使うし・・・w





懐かしいタックル買って、もう・・・








ほら、よく・・・

捨ててあったエロ本をドキドキしながら見てた『少年時代』の気分だわ (ノ∀`*)ンフフ♪








ってコトで、次の釣行はコイツらと大森ダイヤモンドで、「アンタレス+ステラ」や「スティーズ+スティーズ」な方に釣り勝つコトを目標にやってやんよwww













童心。。。

ほら、タマには童心に返らないと。。。(。-∀-)ニヒ♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

じゃあ、俺も

大森リールにあわせるロッド模索中でございます。

懐ロッドこっちにはほとんど置いてないっす。だって本格的にバス入ったの90年あたりだから(J〇Yとかが)

フェニックスエクスカリバーとアブ4601C3で対抗するかなぁとは思いつつも今時タックルに慣れすぎて、キャストできるか不安なんですが・・・

それにしてもリアルプリントのピーナッツがほしい今日この頃




今度は『ゼロレベルワインド』に『アモルファス』ですか(笑)。懐古釣具主義万歳\(^O^)/(古ければいいというものではないけどね)
大森リールはこちらでもたまに見ますが、前回取り上げていたスプールポジションが調整できる機能を搭載したモデルは一度も見たことがないですねー

No title

お年玉握りしめてようやく買ったAWB601MFB。
30年くらい前にアブ1022FL載せて使ってました(爆)

にしても。
国産オールドで今時をカモっちゃうとか。
面白そうですな。

No title

時系列的に、アモルファスのちょい後がドゥードリングだったような…

イイ時代でしたよね。
重量と素材の名前夢を見ることができたなんて。
まぁ、いまだに釣り具メーカーがそういう商売をしているのはどうかと思いますが。
素材と重量以外の価値観を見いだせたら、釣り具業界で成功できますよねw

No title

メチャいけのマリコさま!よかったすねえ!。

記事中に出てくる固有名詞のほとんどが未知ワードです。

とりあえず『アモルファス』を検索してみました。
以下コピペ
゛アモルファス (amorphous)、あるいは 非晶質(ひしょうしつ)とは、結晶のような長距離秩序はないが、短距離秩序はある物質の状態。これは熱力学的には、非平衡な準安定状態である。゛




検索してもやっぱり分からない(汗


あと…
スク水は(~自己削除~)です(`o´)!




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そーなんすか!?

>だむさん

なるほど・・・(´-ω-`)

でも北日本の「大森埋蔵率」は高いっすw

エクスカリバーのバレにくさは特筆モンですけどね(・∀・)


でもアメロに馴れた体には、国産懐タックルの非力さは正直怖い・・・w

\(^O^)/マンセーw

>ばんぱくさん

たまには童心に帰るのも、いいストレス発散になりますね♪(◎´∀`)

お金も発散しますけどwww


マイコン、某喫茶店繋がりで探せばあるんじゃ!?(笑)

シーバスにもいい塩梅かと・・・(o-∀-o)ゥフフ

でしょ?(・∀・)ニヤニヤ

>U-dutch さん

またアンバランスな組み合わせ(笑)

1022、正直デカすぎですよね・・・


国産オールドを見た目そのままの中身フルチューンとかでエグい飛距離とか、考えただけでフルボ〇キ!!www



あっ、当方は予算ないんでそっちでぜひやって下さい(爆)

言われてみれば・・・

>yotarizm-lj さん

いつの時代も、釣り人って変わらない人種なんですね・・・(´・ω・`)

ただこの80年中後期から、各社の国産タックルが「日本独自の路線」を歩み出したという点では、国内バスシーンの1つのターニングポイントではありますよね~(´・∀・`)


今はむしろ退化する一方なキガス・・・w

いや!

>uniさん

麻里子さまはいつでも、d(゚∀゚)ィヵ酢!! 

確かに・・・

>NMRさん

この時代に釣りしてない方には、単なる未知ワードの羅列ですね(笑)


結局今も昔も、新しいモノや名前でユーザーを釣ってなんぼの業界ってコトです(´・ω・`*)


ってか、ソコ自己削除されたらそれこそ未知ワードですが(爆)

初めまして!!

>〇ー〇ーさん

こんな駄ブログをお褒め頂き光栄っす!ヾ(o´∀`o)ノ♪

こちらこそありがとうございます!!

んで、ちょっとツッコんだお話を聞きたいんすけど、メールが送れません(涙)

御手数ですが再度コメント欄の本文部分にメアドを記載して送信願えますか(´・ω・`)


ホントすいません(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。