スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、あ、わかってくれとは言わないが~♪


あけましてm(・ω・m)おめでとうございます♪♪

世の中の為には何1つ貢献しない、『ゲスい・ウザい・グロい』と三拍子揃った当ブログでは御座いますが、本年も何卒宜しくお願い申し上げます(*・ω・)*_ _)ペコリ


さて、ウサギ年という事で・・・





2011.jpg

mio_.jpg

今年もコッチ方面の人気は衰え知らずのようでして(*゚∀゚)っ゚∀゚)っ゚∀゚)っ



とある痛ブログで紹介された『痛リール』なるモノが、次回のFTDF-CUPの優勝賞品になるやらならんやらといった噂まで(*`▽´*)ウヒョヒョ♪



そんなワケで当方としては、もちろん痛リール狙いの為に今年もスキルアップに精進しなければと・・・(-ω-;)






さてさて、TIFA扱いのルーミスについてですが、90年代中期に差し掛かる頃、本国でのモデルチェンジを受けてジャパンモデルもシリーズが一新されます(・∀・)

現在でも販売されている「IMX・GL3・GL2」のラインナップとなります(。・ω・)ノ

特にIMXシリーズは、高弾性素材を使用した軽量・高感度モデルとして日本人受けしそうなキャッチコピーで販売されました(゚∀゚)


とは言いましても、GL3・GL2のシリーズにしましても、「重い」ハズは無かったんですけどね。。。ρ(-ω- ) イジイジ


そして97年、ついにルーミスのロッドビルドの結晶とも言える『GLX』シリーズが日本市場に投入されます♪♪わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!

当時でもルーミスはブランクスに拘ったロッドとして謳われておりましたが、ジャパンモデルはTIFA別注でガイドセッティングやグリップの仕様も日本市場向けに特注されておりました。


当時のTIFAのカタログには、ルーミスについて以下の様に語られております((*゚Д゚)ゞ ハイ!


『GLXシリーズ』
ロッド製造用に設計されたグラファイトマテリアルとしては最先端の素材、それがGLX。とにかくまずは手に取ってみて欲しい。まるで2ピースロッドのバットだけのような軽さ、それでいてバランスがしっかりとリールシートに来ている事に驚愕するはずだ。もちろん驚きはそれだけでは済まない。一度フィールドへ持ち出せば、感度・トルク・振り抜けの良さetc 全てにおいて未体験の感覚が襲って来る。現代のアングラー達の常識を遥かに超えて見せたロッド、それがGLXだ。

『IMXシリーズ』
本物を見抜けるアングラー達から絶大な支持を受けるIMX。高弾性グラファイト特有の張りの強さ・軽量さ・鋭い感度を備えながら、ベリーからスムーズに立ち上がるトルクをも合わせ持ったブランクスはG・ルーミスならではのもの。ソフトルアーはもちろん、ハードルアーにも幅広く対応するあたりでIMXがただの高弾性ロッドでは無い事が伺い知れる。IMXを使っていればどんなミスもロッドのせいだとは言えなくなる。

『GL3シリーズ』
ラインナップでは中核に位置するシリーズだが、G・ルーミスの技術力を十分感じさせてくれるのがGL3。特にブランクス自体が持つパワーに注目してほしい。天井にティップを当てる方法でゆっくりと曲げていけば、バットが曲がりながらも非常に強い事が分かるはずだ。曲がらないロッドも強いロッドだと言えなくもないが、強い反発力を持ったロッドこそ強く、使えるロッドなのだ。

『GL2シリーズ』
エントリーレベルに最適なしなやかさを備えたグラファイトブランクスがGL2.ファストリトリーブするハードルアーから繊細なソフトルアーまで広い対応幅を誇り、1本で多くのエリアやルアーを使い回したい時には最も便利なシリーズ。通常エントリーレベルと言われるロッドはレベルアップすると使えなくなってしまうものだが、GL2ならばプロが本気でラインナップに組み込むポテンシャルを秘めている。



『ブランクスにこだわり、バスをキャッチすることをトータルで考えているG・ルーミス・バスロッド。この性能を理解できないとしたら、あなたはまだ良いロッドに出会っていない。』



といったいかにも、当時の日本のバサーに「受け入れてくれよ」感が漂うキャッチコピーでした(。-`ω´-)


また、TIFAは国内総代理店としての立場から、本国ラインナップにはない「日本向け特注モデル」も作らせます(・∀・)/

有名な番手では、「GLX・GL3 SJR7200」・「IMX・MBR785」「GL3・SJR7500」等がありますが、これらは販売数も少なく、ヤフオク等の中古市場での相場も高いモノとなっておりますヽ(・ω・。)


では何故、これだけの販促をTIFAが掛けながら、当時の日本のバサーにはあまり受け入れられなかったのか!?

当方の勝手な憶測ではありますが、いつくかその辺りの原因と思える事を。。。




まずは当時の日本市場(゚*゚)ノ

以前の記事にも書きましたが、当時はコンバット・インスパイアやメガバス・デストロイヤー等のいわゆる「トーナメントロッド」全盛期!!
派手に高感度や専用スペックばかり注目されていた時代に、どちらかというと地味で〇〇専用といった謳い文句のないルーミスはスルーされておりました。。。(´Д`)


次にTIFAの販売価格((*゚Д゚)ゞ

当時の国産トーナメントロッドが3万~4万円が主流の時期に、エントリーモデルと言われたGL2ですら3万円、GL3で3万5千~4万円、IMXで5万5千円~、GLXに至っては8万円以上と、ちょっと試しにアメロでも・・・といった買い方が出来ない値段設定。。。(;´Д`A
特にそれ以前に最高峰とされたフェニックスを超える価格で、尚且つ国産ハイエンドロッドがその価格帯の時期には、いかにブランクスに拘ったルーミスといえど、とても普通のバサーに受け入れられるハズもなく・・・(-ω-;)


次に情報量(´・ω・`)

元々、スペック至上志向が強い日本のバサー。現在の様にネット環境が整っているハズもない当時、本国からの情報入手手段も限られており、個人輸入されている方もまだまだ少数の中、TIFAからの情報のみでは日本のバサーが納得して購入するにはあまりにも情報が少なかったと言えます。。。(。'-')(。,_,)ウンウン




そういった理由から、ルーミスが広く日本のバサーに使われる事はなく、一部の「知っている」バサーのみが使用していたというのが実情ではなかったかと。。。(ι´Д`)ノ






では次回、その辺りを踏まえた上で、日本市場に乗り込めなかったアメロの悲劇でも綴ってみ・・・・・ないかもよ!?((´∀`*))ヶラヶラ
















E69BB8E5BA97E8B2A9E4BF83E794A8.jpg

今年こそは渚とコラボ釣行させてくれよっ!!o=(;゚ロ゚)=o

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re:

明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いいたします!

FVD様にとって良い一年になります様に!

ルーミスですが、722*783*784を使用しています。
新しいトップウォーターシリーズ気になります。FVDさんはGL2シリーズ使ってますか?導入しようか迷ってます。

こんばんわ!

そう考えると、やはり今の時代は恵まれてますよね。。。

インターネットが発展したお陰でパウエルとか訳わからない海外の竿も日本にいながらにして、手にすることが出来るのですから・・・w

GL3、MBR783・844あたりが今、めっちゃ欲しいです。

あさのっちさんとイオシュンさん、手放してくれないかなぁwww

ルーミス…近くの釣具屋の中では一番在庫数があり(と言っても数本ですが)身近なアメロといった印象でしたが、これまたこんな裏背景があったとは(◎o◎)モノはいいのに時代背景によって一部でしか陽の目を浴びなかったというのは何だか切ないっすね(≧ε≦)




今年もFVD節のたっぷり効いた極上のブログを楽しみにしとります。どうぞ宜しくお願い致します(^_^)

明けましておめでとうございます!

澪うさ!キタ≧∇≦--!!


って今更なオーバーリアクションですねコメント遅くなりました



日本人の気質として『これは●●用、適合ラインは●●lb』と指定される事で安心する部分が強いのかもしれないですね。

釣具に限らず日本のメーカーは刷り込み戦略がメチャメチャ上手いと思います(決して悪い意味ではありません)。



(澪うさ、データフォルダーに保存しました)

Re:

こんばんは(^o^)/


私が当時ルーミス(アメロ)を使わなかった理由……

・日本ブランドがかっこいいと思ってた
・ロッドの違いは、硬いか柔らかいか、長いか短いのか、高いか安いか、1ピースか2ピースなのか位だと思っていた(笑)
・ルーミスの型番からして理解しづらく興味が無かった。


そうです、JAPANブランドの戦略に踊らされてました~


『こだわり』が別方向にいってました。

まぁ今も特別な拘りは無いですが…


私のあまり知らない当時のバスフィッシングコア情報をこの先も期待しております(*^m^*) ムフッ

明けましておめでとうございます

やっぱルーミスはブランクのバランスが良いですね。

MB843-GL3ブランクにマイクロガイドで組むか普通に組むか悩み中です。

ん~イイっすね~。

ウチと違って読みやすいし分かりやすい。
このまんま全ブランド紹介していったら1年なんてあっという間に過ぎ去りそうですねw

あけおめです(^ω^)

≫あさのっちさん
GL2は手元に無いんですけど、ジャーキングにはあのフィーリングは抜群にキテますよねΣd(゚∀゚)ィヵ酢!!

カベラスのフィッシュイーグルが当方的にはGL2に凄く似てるフィーリングなんですけど、あの「藤原ひろし師匠」も絶賛してましたよ(^∀^*)

今年も何卒宜しくお願いします.+:。(ノ^∇^)ノ゚

聞く度に・・・

≫コスりん
欲しい竿が日替わりで変わるミーハーなコスりんには、ぜひとも「グロリアス」を試して頂きたいです(。-∀-)ニヒ♪

Z骨を売ってでも(爆)

極上って・・・(汗)

≫ももオヤジさん
全くもって人の役に立たない当ブログ。。。ヘ(*゚д、゚)ノ゙ アセ

このまま思いつきだけの内容で、正直いつまで続くかも怪しげですが・・・(大汗)

今年も宜しくお願いします(*ノ∀^)ノ゛

恐らくは・・・

≫NMRさん
最初から全て丁寧に説明されてないと、不安で仕方ないのが日本人気質なんでしょうかね!?ρ(-ω- )

ルアーにしたって、「こう使いなさい」「こんな時に使いなさい」って最初から決められてその通りだけなら、なぁ~んも面白くもないと思うんですけどね・・・(´д`、)アゥゥ

ですから・・・(汗)

≫smart乗りさん
すでにネタ切れ間近なので、そんなプレッシャーを掛けないで下さいよ~(;´@へ@`)アゥ…

当方があまり知らないネタ、そっちでお願いしますね(*⌒∇⌒*)テヘ♪

最初は「おおの特注〇〇〇」のインプレお願いします!!ョロティク―゚。+(=゚ω゚)ノ+。゚―ッ

GL3/843!!

≫ぶっちさん
225さんのFTDFカスタム・844と双璧をなす名竿が産み出されようとしておりますなΣ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

ぜひ琵琶湖で現物を拝見させて下さい:・(*>▽<*)ゞ・:

あっ、シーカーも期待してますんで(*´∇`)ノ~♪

いやいや・・・

≫225さん
2ndの方が全然読みやすいしわかりやすいじゃないっすか(;´Д`A ```

このまんま全メーカーって・・・(汗)

普通にムリでしょヾ(´゚Д゚`;)ゝ(笑)

すでに書いてる本人に、あと1年も続ける自信が全くありませんですの・・・(=ェ=`;)
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。