スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格を満たす者。。。


(o´▽`)ノチワッ!



欲しいモノだらけの今年の『ICAST』でしたが・・・

















ちょっ・・・

こ、これは欲すぃ~w (-∀-;)






てなワケで、Newモデルのアメリールも気になる今日この頃ではありますが、本日はこの『名器』ならぬ『名機』のご紹介でも♪w














リール③

Bass Pro Shops 『Pro Qualifier』


ちなみにコイツは「PQX10HD」というギア比が『6.4:1』のモデルです(・∀・)


『Pro Qualifier』には4.7:1、5.2:1、6.4:1、7.1:1と4種類のギア比があり、それぞれに左右巻きがラインナップされているという超親切設定♪(o・∀・)b゙ イィ!







気になるスペックはと言いますと・・・




リール⑦

◆Built to put you at the top of your game
◆One-piece machined-aluminum frame
◆Double-anodized, machined-aluminum drilled spool
◆7-bearing system with Powerlock™ instant anti-reverse
◆Dual Braking System™
◆Pin-release side plate for quick brake adjustments
◆Built-in lube port



リール⑧

こんな感じです(・∀・)




じゃぁ、細部を紹介していきますね~(・∀・。)





まず皆様が気になるトコ・・・、ブレーキシステムはと言うと・・・


「Dual Braking system」と名付けられた、↓


リール④

外部調整式、中身は・・・




リール⑤

「マグネット+遠心」のダブル機構!


「フルーガー・パトリアーク」に使用されている『アルティメイトブレーキシステム』にソックリ・・・と言うよりそのまんまw (。-∀-)ニヒ♪





リール②

何やら見覚えのあるボディ形状・・・


リール⑩

大きく突き出たギアボックス・・・




勘の良い方はすでにお気付きかと思われますが、(-ω-ゞ


このリール、世界的一大ブランドである、天下の「ピュアフィッシング」グループのOEM製品です(。・ω・。)ノぁぃ♪


日本ではピュアフィッシング・ジャパンが販売店の為、「アブ」や「フルーガー」しか見かけませんが、アメリカ本国ではその他にも「ブローニング」や「シェイクスピア」等のブランドも従える「ピュアフィッシング」

実はこんなリールも生産しておるのです♪(*´ω`)ゝ ハイ



リール⑨

何気にクランク式ハンドル搭載です♪



ちなみに生産国ですが・・・




リール⑪

中国かと思わせて実は韓国製w


とは言ってもソコは世界的企業、同じ機種でもモノによっては中国製と、製造国も違ったりします(´ε`;)




で、本体重量はと言いますと・・・

リール①

カタログ表記よりも若干軽い247g


最新の国産リール等に較べると多少重量はありますが、実用性で言えば全く問題無いレベルですな(・∀・)





んで、最近流行ってる様なのでスプール重量もついでに測ってみると・・・


リール⑥

単体で23g


いたって普通(笑)


まぁ、この辺りのスペックを最初から気にする方は、素直に国産ハイエンドを買って下さいと。。。((´∀`*))ヶラヶラ






で、この『Pro Qualifier』、お値段はと言いますと、上記のスペックを持ち合わせて本国価格でズバリ!!







$99.99!! ド━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!


日本円にして本体価格で8千円ちょいと、ジャパネットタ〇タもビックリの激安価格!!オォオォオォオォオォヾ( ゚∀゚)ノ゙オォオォオォオオォ




というワケで、天下のピュア製造という事を上手く利用し、ピュア製品用のチューニングパーツを使用すれば、非常にお手軽かつ財布に優しいチューンドリールが出来上がるワケですな♪Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!


まぁ、当方にはデフォルトの状態で必要十分なので・・・




どーせ金欠で出来ないとか言うな!!w     マチガッテナイケド。。。ρ(-ω- ) イジイジ


その辺りが気になる方は、Seenさんに聞いてみて下され(。-`ω´-)ぅぃ




というワケで、以外に「使える」アメリール!、ソコのアナタも試してみませぬか~?(*>∇<)ノ

















JK

JKはやっぱり“国産”が・・・( ̄▼ ̄*)ニヤッ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ルーミスにはクァンタムよりこっちのリールが合うんですよね…リール位置が。
そのままでも十分なんですがベアリング変えると凄い事になりますな(笑)

キタッ!

待ってましたっ!アメリールインプレ!

なるほどなるほど…。

OEMによる恩恵は性能のみならず価格面にもバッチリ反映されているんですね!
アメリカ産ロッドは結構カラフルなものが多い気がしましたが、リールについては落ち着いた、所謂『日本人向き』な部分に驚きました(^^)


次のリールは…と言いたいところですが、既にあるブツを発注してしまいましたので、その次はこのリールを視野に入れさせて頂きますっ!てか普通にカッコいいしっ☆




ところで…

…最後の一枚は通勤中に撮られた一枚でないことを切に願います(笑)

その内に・・・

>Seenさん

Seenさんトコロで、チューンについて詳しく書いて下さるのキボン♪

Fさんにもご参加願います♪(笑)

お待たせしました(-∀-`; )

>ももオヤジさん

ももオヤジさんにリクエストされながら早数ヶ月・・・彡(´∀`;●)彡

ほんとすいません(大汗)

その内、他のモデルも書きますんで、また数ヶ月待ちでお願いします(。-∀-)ニヒ♪


ってか、通勤でこんなにJKに囲まれるなら、当方が会社に辿りつくワケがない!!キリッw

No title

私は激流バスしか狙わない関係上、ほぼスピニングしか使わないのですが、スピニングはまだまだJapanブランド製品のほうがイイですね。

たまーにベイトを使う時はいまだに20年以上前に買ったバンタム10XSGですがw

そもそも・・・

>yotarizmさん

使うラインの太さからルアーの重さまで、向こうとコッチじゃ全然違いますからね~(´ー`A;)

造りにも大いに関係してるかと。。。

とか言いながら、当方はアメスピンばっかです(笑)

雰囲気重視!!キリッw
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。