スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏恥義理宣言!!


あけましておめでとうございます( m-ェ-)m)) ペコリ



やっぱり約束果たしてくれなかったね・・・( ノω-、)






当方に取ってはそんな年明けではございますが、どうぞ本年もこんなヤツを宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ





さて、今年の当ブログのテーマは・・・






『全力』キリッ






今年は年明け早々から・・・











卍解w

飛ばして行きますょ!(。-`ω´-)ぅぃ



















というワケで、新年一発目はインプレネタから(・∀・)




結構いろんなトコで検索されているキーワードに、「グラスロッド」と「コンポジット」があるかと思われますが、皆さんそれだけお好きだという事で(。-∀-)ニヒ♪


ピュアカーボンの竿に較べて、そのノリの良さに定評がある「グラス&コンポジ」




現在、当方が所有している「グラス&コンポジ」ロッドが、↓








グラス&コンポジ


左から、

〇ダイワ TD-S701MRB-S

〇Seeker(シーカー) ReactSeries SR706H-7’T

〇Powell(パウエル) MAX 705CB

〇同 702CB

〇BPS(バスプロショップス) クランキンスティック 70MH

〇同 70M


の6本です(・∀・)



この内、クランキンスティック2本がコンポジ、その他は全てピュアグラスのロッドです(゚ω゚)ノ ハィ



ちなみにTD-Sは国内仕様のモノですが、これはT.Oこと大森貴洋氏をリスペクトしての事です(σv`*)エヘヘ





一部でベロンベロンの竿ばかりだと勘違いされているピュアグラスですが、パウエルの705CBとシーカーSR706Hはかなり「ハードなグラスロッド」です!!(`・ω・´)






それでは、お待ちかねwの「個別インプレ」♪





















は、メンドクセーから割愛!! w








えぇ~、コレが当方の『全力』ですが何か?(。-∀-)ニヒ♪





何でもタダで教えてもらえると思ったら大間違いかと。。。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \












元旦w

元旦の宇治川にてw











このまま終わるとさすがに・・・なんで・・・














トリプル。

お年だまっw

















LOVEっす!

当方は今年も『全力』で麻里子推しです!!(ノ∀≦。)ノアイシテル


伝家の宝刀。。。


(。・ω・)ノ゛コンチャ♪”












ブスッっと♪

麻里子さまに浣腸されるなんて。。。(胸熱w)








というワケで、前回のお話の続きでも・・・








恐らく日本のバサーの8割強(当社比w)が一度は御世話になってるはずの、↓



スライダータソ

スライダーワーム




思い返しても「二十歳の当方!」キリッ が今までのバス釣り人生(notあさのっちw)の中で、ゲーリー4インチグラブと並んで恐らく最も多くのバスを釣ったワームなのですが・・・




スライダーのスプリットショットがボウズ逃れの最終兵器だった頃よりも更に遥か前・・・



スライダーフィッシングと言えば。。。








スライダー②

お約束のスライダーヘッド!!





スライダー③

スライダーワームのパッケージにも描いてある様に、最もオーソドックスな「オフセットフックタイプ」の専用ジグヘッドです(・∀・)



コレ以外にも「スライダーヘッド」と言えば、以前のばんぱくさんの記事にもある様に、いくつかタイプがあるのですが・・・















スライダーヘッドあれこれ

実はこんなにあったりします。。。(笑)







スライダーワームにスライダーヘッドの組み合わせとくれば・・・





次は当然ながら・・・















スライダー④

 (*´-ω・)ン!?・・・





そう・・・












スライダー①

チャーリー・ブリューワー『オリジナルスライダーロッド』!!




〇スライダースピン SS52

グラファイト製

5ft2inc、1/16~1/4oz、4~8lb 表記




スライダー総帥、チャーリー・ブリューワーがスライダーフィッシングの為に産み出した、正に『伝家の宝刀』とも言うべきロッド!☆( ゚Д゚)b


グラファイト素材の名称等の表記はありませんが、当方が思うにIM6辺りの素材感に近いと思います。。。





特徴的なのはそのグリップ。。。







スライダー⑤

グリップエンドがこ~なって・・・






スライダー⑥

完全なテネシーモデルとしても使用出来ます!!(。-`ω´-)ぅぃ




実際、チャーリー自身は「テネシー+ベールアーム除去のスピニングリール」という組み合わせで使用していたのは有名な話っすね(-∀-。)ウン♪




ちなみに、スライダーワームの輸入販売元であった「コーモラン」が昔発売した『スライダースペシャルロッド』

スライダーJP

ジャパンオリジナルモデルとして販売されましたが、コイツは本家に名前だけを借りた全くの別物です・・・(-ω-`;。)





スライダー⑦

ガイドは口径の大きな初期型SICを5個使用!






スライダー

ショートロッドという事もあり、ロッド重量は71g(リング付き時)と超軽量!!((o・д・)bグッジョブ♪






ちなみにスライダー用ロッドと言えば、皆さん結構「べナベナ」のロッドを想像されるかと思いますが、実物は想像されておるほど柔らかくないです(・∀・)

コイツも現在のロッドで言っても、「硬めのL~ML」位の感触です(-`ω´-)ウン


「スライダー用=べナベナ」というイメージが生まれた背景ですが、先述の佐藤氏が推奨していたタックルがそういうロッドであった事や、当時はライトリグ用にはスローテーパーで柔らかいロッドを使用し「スウィープフッキング」が流行していた等の要因が挙げられます。。。




さて、では恒例のペットボトル吊り下げ・・・


まずは500ml・・・




スライダー⑧

いきなりスローに曲がるのではなく、しっかりと腰を残しているのがわかりますな(・∀・)




更に曲げてみても・・・

スライダー⑨

けしてバットまでグニャグニャなロッドではないのがわかるかと。。。






スライダー⑩

完全に吊り下げても、ロッド全体でしっかり腰を残してますな(o・∀・)b











スライダー⑪

ライトモデルのショートロッドで2リットルも吊れちゃうんだな、コレが・・・w



ショートロッドならではの、ロッド全体を上手く使った非常にバランスのいいテーパーを実現しております♪



きっと天国のチャーリーは、「C.Cベイト(死語スグルw)用だからってナメんなよ!!」と言っておられるかと。。。(*´∀`)








ソコのアナタも久々に、スライダーのスプリットショット投げたくなったんじゃないっすか?(。-∀-)ニヒ♪


















ヨッシャー!!

『上からマリコ』 オリコン1位&ミリオンなんて当然!!






















明歩♪

下からマン・・・ (;゚д゚)ゴクリwww

銀河系最速のガラクタ。。。


(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪




なでしこ

だそうですが・・・













確かにw











って事で、前回の続きを・・・( ̄Λ ̄)ゞ





当方が現在所有している『ファルコンロッド』ですが、




ファルコンロッド


〇エキスパート EC-7H
〇キャラT7 CC-4-17M-T7
〇同 CC-8-172XH-T7
〇キャラリアクションT7 CCB-9-2710SW

以上の4本です(・∀・)


これ以外にも、以前は旧エキスパート、ブークー、ローライダー、オリジナルといったシリーズのロッドも所有しておりました(・ω・)


シリーズに拘わらず、ファルコンはどのロッドも軽量・高感度・高バランスでトルクフルな非常に良く出来てる品ですな♪




「まとめてインプレしろ!」という意見も頂いておりますが・・・( 。-ω-)


そんなワガママは無視wしまして、本日の品はコチラ↓




ファルコン⑨

CC-4-17M-T7 キャラ・マンスフィールドキャスト!!



7ftのミディアムアクション、モデラートテーパーの巻物用ロッドです(゚ω゚)ノ ハィ

1/4~1/2oz、8~17lbの表記ですが、むしろ3/4ozくらいまでが余裕で使い易いロッドです。



キャラシリーズはブランクスに軽量で高感度・尚且つ強い『ファルコンF120Xグラファイト』という素材を使用しております(・ω・)


そのしなやかなブランクスによるルアーのウエイトを乗せたキャストが非常にし易く、且つ高弾性ならではのシャープなそのキャストフィールは芸術の域!Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!



余談ですが、一部で「ファルコンやオールスターなど、南部のメーカーのロッドは剛竿ばかりで曲がらない」といった誤解がある様ですが・・・






全くもっての大間違い!!( ・∀・)キリッ   モウチョットベンキョウシロ・・・





この竿の『曲がり』については、またの機会に書きたいと思われ。。。(。-`ω´-)ぅぃ



でないと・・・







一平

となりますw  ((´∀`*))ヶラヶラ




では細部を(・∀・)

ファルコン⑧

おなじみのファルコンマークに・・・



ファルコン⑥

アメロには標準装備が当たり前のフックキーパー!



ファルコン⑦

グリップには、フジ製ACSを使用! コルクも目の詰まった高級品を使用!!



ファルコン⑩

ガイドには、同じくフジ製アルコナイトリングのニューコンセプト仕様!



といった、現行のファルコンでは最上級に相応しい内容の豪華仕様!!ヽ(*´∀`*)ノ




ファルコン①

気になる(!?)自重は、『135g』とめさ軽~い♪(b≧∀)グッド♪

元々非常にバランスのいいロッドでして、実際持つとその数値以上に「かるっ!!」と感じます☆( ゚Д゚)b







では、恒例のペットボトルリフティング(・ω・)


ファルコン⑤

初期負荷での非常に素直なティップの入りは感動モノです☆(◎´□`)

高弾性ながら魚のノリが抜群なのも納得!!のそのティップですが、以前ご紹介した『USシマノ・クルーシャルCRC-C70M』と較べると、同じ70Mながら若干このロッドの方がソフトなティップを持っております(*´ω`)ゝ ハイ




ファルコン④

そして流れる様にスムーズにベリーが入っていきます(・∀・)

硬過ぎず、且つ柔らか過ぎないその絶妙さ加減は、正に「拘りのファルコン」の職人芸ですな♪

このベリー辺りから、定評のあるそのブランクスの「粘り」をじわじわと感じる事が出来ます(゚ω゚)(。_。)ウンウン




ファルコン③

まるで教科書の様な非常にスムーズで美しいモデラートテーパーでありながら、粘りに加えバットの強さをヒシヒシと感じます(o・∀・)b゙ イィ!





で、2リットルをぶら下げると・・・





ファルコン②

「マグロでも掛けてみろ!」と言わんばかりに余裕のリフトアップ!!(*´∀`)

500mlの画像と較べて見ても、そのバットの強さがわかるかと・・・(。・ω・。)ノぁぃ♪


そのまま2リットルを釣り上げた状態で歩いてみましたが、そのトルクフルなバットの強さとブランクスの粘りが素晴らし過ぎて、まるでロッドが「ナニコレ?この程度はまだまだノンキーだし(・ω・)」って言ってるかの様な余裕を見せます♪(。-∀-)





高弾性ながら非常に粘り強いそのブランクス、どんなバスにも負けない強さ、芸術的なテーパーと、アメロオタクの所有欲も満たされるその一振り。。。




ほら、欲しくなった人、手ぇ~上げて♪wwwww ( ´艸`)ムププ



ノコリノアイテム、スグニハカカナイヨーダ・・・(爆)



気になる方がいらっしゃっても・・・















チラッ

チラ見せくらいが丁度良くね!?(*`▽´*)ウヒョヒョ

アルティメットスポーツ。。。


(●'∇')ハロー♪




第4回FTDF-CUP!!!! 
2nd generation
supported byGRAYZ
Fair fall to the Angler !! 




ふ~ん、そんなのやってたんだw (´・∀・`)ヘー、シラナカッタ




まぁ、当方は足の怪我とうで釣りに行けず・・・wwwww



さて、そんなひと夏の辛い思い出は置いておいてw、『アルティメットスポーツ』とは・・・


その圧倒的な動力性能により、いわゆる「スーパースポーツモデル(SS)」を超える究極のマシンとして、又、ただのハイスピードツアラーマシンではなく、当時(1998年)量産市販車では最速であるホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバードの持つ最高速度300km/hを超える性能を持ち、公道用車両の頂点に君臨するために産み出されたマシン、それが・・・






隼

スズキ・GSX1300Rハヤブサ




そう、まさに・・・




スピードの・・・

そんなお方の為に産み出されたようなマシンであります(o-∀-)










向こう側・・・

当方的には、ブラの向こう側の方が・・・(。-∀-)ニヒ♪







100tハンマー







はい、と~いうワケで(´д`ι)、『隼』と言えば・・・そう!!






海坊主



ではなく・・・






Falcon Rod


隼マークの『ファルコンロッド~!!』 (*´∀`)b




前フリなげぇ~よ・・・とゴーストが囁いておりますがw







この『FALCON ROD(ファルコンロッド)』、『POWELL(パウエル)』と並び、当方の溺愛するメーカーでございます♪゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚



ちなみに、以前「エイテック社」が販売していた同名ロッド(トーナメントソルジャー等)とは全く関係ございませんので・・・(。・ω・)




この「ファルコンロッド社」、今や大多数のメーカーが中国で生産している中で、頑なに「made in U.S.A」に拘る職人気質のメーカーです(・∀・)

バス用だけではなくソルトやトラウト、ピーコックバスモデル等豊富に揃え、又、70ドル以下のモデルから200ドル以上のハイエンドまで幅広いラインナップを展開し、最近ではファルコンブランドのスピニングリールまでリリースしております♪


シリーズのラインナップ毎にロッドの味付けも異なり、使用目的によって幅広い選択肢の中からチョイスできます(◎´□`)サイコォォォー☆


南部はオクラホマのメーカーだけあって、どのシリーズもその強烈なバットパワーとトルク、粘りは非常に秀逸!(b≧∀)グッド♪


自信を持ってお勧め出来る『間違いのないメーカー』であります(。-`ω´-)ぅぃ


余談ですが、この「ファルコン」を始め「キスラー」や「オールスター」・「パワータックル」等の南部系のメーカーのロッドと、「パウエル」や「ラミグラス」・「ドビンス」等の西海岸系のメーカーでは、その地域の特徴が自社ロッドのラインナップや味付けにも大きく影響しており、その辺りがアメリカンロッドの面白いトコロでもありますな♪(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ





現在、ファルコンロッドのプロスタッフと言えば・・・


ウェンドラント

FLWツアーにて3度ものAOYを誇る『クラーク・ウェンドラント』や、




マクリーラント

B.A.S.Sツアーにて3度の優勝経験を持つ『マイク・マクリーランド』、





そして、パーフェクトフロッグの“このお方”↓ですが












一昔前は、ファルコンロッドと言えば・・・の一枚看板を背負っていたのが、





マーク・デイビス

かの御大、マーク・デイビス~!! 



ディープクランクとヘビキャロの使い手として、ディープ攻略のスペシャリストのマーク・デイビス。

B.A.S.Sで3度ものAOY&95年のクラシックチャンプという肩書きを誇る大ベテランです(・∀・)


現在はオールスターロッドのマーク・デイビスですが、かつては「ファルコン・ローライダーシリーズ」の『マーク・デイビス クランカー』というコンポジットロッドを振り回し、華麗にディープクランクをニーリングするその姿は、ポール・アライアスと並び未だに当方の憧れの存在です(〃ω〃)






職人気質の拘りがたっぷり詰まってかつ高品質、バス釣りの本場「南部」の香りもプンプン漂う正に“正統派アメリカンロッド”!!

次回はそんなアメリカンな拘りがたっぷり詰まったファルコンロッドの中から、「とある1アイテム」の紹介でも・・・♪(・∀・`○)


ファルコントパウエルハネタギレシネーダケアルシネ・・・

















向こう・・・

“向こう側”見たくないっすか!?((´∀`*))ヶラヶラ

資格を満たす者。。。


(o´▽`)ノチワッ!



欲しいモノだらけの今年の『ICAST』でしたが・・・

















ちょっ・・・

こ、これは欲すぃ~w (-∀-;)






てなワケで、Newモデルのアメリールも気になる今日この頃ではありますが、本日はこの『名器』ならぬ『名機』のご紹介でも♪w














リール③

Bass Pro Shops 『Pro Qualifier』


ちなみにコイツは「PQX10HD」というギア比が『6.4:1』のモデルです(・∀・)


『Pro Qualifier』には4.7:1、5.2:1、6.4:1、7.1:1と4種類のギア比があり、それぞれに左右巻きがラインナップされているという超親切設定♪(o・∀・)b゙ イィ!







気になるスペックはと言いますと・・・




リール⑦

◆Built to put you at the top of your game
◆One-piece machined-aluminum frame
◆Double-anodized, machined-aluminum drilled spool
◆7-bearing system with Powerlock™ instant anti-reverse
◆Dual Braking System™
◆Pin-release side plate for quick brake adjustments
◆Built-in lube port



リール⑧

こんな感じです(・∀・)




じゃぁ、細部を紹介していきますね~(・∀・。)





まず皆様が気になるトコ・・・、ブレーキシステムはと言うと・・・


「Dual Braking system」と名付けられた、↓


リール④

外部調整式、中身は・・・




リール⑤

「マグネット+遠心」のダブル機構!


「フルーガー・パトリアーク」に使用されている『アルティメイトブレーキシステム』にソックリ・・・と言うよりそのまんまw (。-∀-)ニヒ♪





リール②

何やら見覚えのあるボディ形状・・・


リール⑩

大きく突き出たギアボックス・・・




勘の良い方はすでにお気付きかと思われますが、(-ω-ゞ


このリール、世界的一大ブランドである、天下の「ピュアフィッシング」グループのOEM製品です(。・ω・。)ノぁぃ♪


日本ではピュアフィッシング・ジャパンが販売店の為、「アブ」や「フルーガー」しか見かけませんが、アメリカ本国ではその他にも「ブローニング」や「シェイクスピア」等のブランドも従える「ピュアフィッシング」

実はこんなリールも生産しておるのです♪(*´ω`)ゝ ハイ



リール⑨

何気にクランク式ハンドル搭載です♪



ちなみに生産国ですが・・・




リール⑪

中国かと思わせて実は韓国製w


とは言ってもソコは世界的企業、同じ機種でもモノによっては中国製と、製造国も違ったりします(´ε`;)




で、本体重量はと言いますと・・・

リール①

カタログ表記よりも若干軽い247g


最新の国産リール等に較べると多少重量はありますが、実用性で言えば全く問題無いレベルですな(・∀・)





んで、最近流行ってる様なのでスプール重量もついでに測ってみると・・・


リール⑥

単体で23g


いたって普通(笑)


まぁ、この辺りのスペックを最初から気にする方は、素直に国産ハイエンドを買って下さいと。。。((´∀`*))ヶラヶラ






で、この『Pro Qualifier』、お値段はと言いますと、上記のスペックを持ち合わせて本国価格でズバリ!!







$99.99!! ド━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!


日本円にして本体価格で8千円ちょいと、ジャパネットタ〇タもビックリの激安価格!!オォオォオォオォオォヾ( ゚∀゚)ノ゙オォオォオォオオォ




というワケで、天下のピュア製造という事を上手く利用し、ピュア製品用のチューニングパーツを使用すれば、非常にお手軽かつ財布に優しいチューンドリールが出来上がるワケですな♪Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!


まぁ、当方にはデフォルトの状態で必要十分なので・・・




どーせ金欠で出来ないとか言うな!!w     マチガッテナイケド。。。ρ(-ω- ) イジイジ


その辺りが気になる方は、Seenさんに聞いてみて下され(。-`ω´-)ぅぃ




というワケで、以外に「使える」アメリール!、ソコのアナタも試してみませぬか~?(*>∇<)ノ

















JK

JKはやっぱり“国産”が・・・( ̄▼ ̄*)ニヤッ
アクセスカウンター
プロフィール

FVD

Author:FVD
日々、「明日から本気出す!!」・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

cocytus

2nd

イオシュン釣り倶楽部
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中野梓
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。